読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1. 実母との事

私は実母と反りが合わない。
正確に言うと、妹ばかり可愛がってきた実母に、私も愛されたい気持ちがいつまでも消えなかったのだが、7月に決定的な出来事があり、それは叶わぬ願いなのだとようやく理解した。

人生折り返し地点に来て気づくなんて、遅すぎだと思った。
育児放棄やDVといった醜い母親もいる中、そこまでの毒親でもない筈なのに、何でここまでこじらせたんだろう、とも思った。
毒親関係の本を何冊も買い、関係あるところに赤線を引きながら、泣きながら読んだ。

モラ夫との関係に悩み、モラやDVで実家に避難しても、実母は私の感謝が足りないからだと責めたてた。モラからのDVであざを作って実家に避難した時も、昔、実母と意見が一致しなかった話を次々に蒸し返して、私を責めたてた。
…これって何かおかしくない?と思った。
モラ夫を語る上で実母の事は切っても切れないので、私自身の事を書いておきたいと思う。

私の生家は、曾祖母、祖父母が離れに住んでいて、初孫だった私は大変可愛がられ誉められて育った事を暖かく覚えている。
この時曾祖母、祖父母に誉められて育った経験が、私にしっかりとした自己肯定感を育ててくれたと思っている。心から感謝している。

2歳で妹が生まれ、引っ越しをした。
妹が泣いていた時にうるさいと思った事はあるが、
この頃は妹が嫌いという感情はまだなかったと思う。

小学校1年生か2年生の時、私が一番大事にしていたビーズの瓶を妹に盗まれた。
その頃、友達が(女の子も男の子も)よく自宅に来てビーズ遊びをしていたが、その日最後に遊んでいたのは私と妹のはず。
しかも、一番お気に入りのビーズの瓶だけがない。
おかしいと思った私は、母に言った。
「妹が私のビーズを盗んだみたいなんだけど?」
母は調べもせず私を叱った。
「妹がそんな事するわけないでしょ!」
…妹は幼稚園児。盗んだものを上手に隠すテクニックは持ち合わせておらず、私がちょっと探したらビーズはすぐに出てきた。
私は母に言った。
「やっぱり妹が盗んでたよ?」
母は妹を叱らずに、私を叱った。
「妹なんだからしょうがないでしょ!」
私は不満のあまり、母に言った。
「妹にはちゃんと注意してくれたの?」
母は面倒くさそうに私に返した。
「言ったわよ。」
…何も注意していないのは、見ていて知っていた。
妹の盗みを指摘した私の方が悪いという態度だった。
妹なんか大っ嫌いだ!!と、記憶にある限り初めて思った。
そして、大好きだった母、その母が妹をきちんと注意してくれなかった事、その母の私へ向けた態度に、私の記憶にある限り初めて失望した。

…ビーズ盗難事件には後日談がある。
今年の初夏、子供が「きょうだいが欲しい。」と言った。
私は、ついに来たか!と思いつつ、自分が妹ばかり可愛がられて寂しかったのに、我が子にそんな思いをさせたくなかったので、子供に言った。
「きょうだいがいると色々大変だよ?」
そして、ビーズ盗難事件の話をした。
子供にこんなことを話すのはどうかなとも思ったが、お兄ちゃんになる辛さ切なさをきちんと知らせたかった。

何日も過ぎた後、実家に顔を出した後に自宅に帰る帰り道、子供が突然言った。
子供「ママ、いじわるだったの?」
私「え?どういういみ?」
子供「ばあばがいってた。Nちゃん(妹、仮名)はビーズをとってないって。ママがわすれちゃったんじゃない?って。」
私は、子供がビーズ盗難事件の話を実母に確認したんだ、そして実母が子供にも嘘をついたんだと瞬時に理解した。

私は子供に「それは、ばあばが間違った事を言ったてるよ。ビーズはママの一番大事なおもちゃだったんだ。◯くんの一番大事な電車をきょうだいがとっちゃったらどう思う?」
子供「いやだ。」
私「そうでしょ、いやでしょう。昔はものが少なくて、ママは◯くんみたいにいっぱいおもちゃを持ってなかったんだ。そのママの一番大事なおもちゃなのに、忘れるわけないよね?」
子供「うん。」
私「ばあばがうそをついたんだよ。ママはそういうのは嫌だな。ママは一人っ子のほうが良かったな。」
実母に再び裏切られた思いで、心底落ち込んだ私は、子供に正直に言った。

実母が、私の子供にまで平然と、私を傷つける嘘をついた事が、ただただ悔しくてならなかった。

広告を非表示にする

モラルハラスメント・ブログ

先月から、まっち~さんの書かれた「モラルハラスメント・ブログ」にはまっている。

ご自身が受けたモラハラの状況が手に取るように分かる文章で、また時系列で分かりやすく書かれているので、ぐいぐい引き込まれ、最初は通勤の電車内で読んでいたが、それに飽きたらず、帰宅して、翌日も会社だと言うのに😁時間を忘れ、3時まで読みこんだ日もあった。
また、ブログを読み終わり、書籍化されていたのでそちらも買い求め、モラ夫からの暴言に共通するところに赤線を引きながら一気に読んだ。

まっち~さんのモラハラ体験は破壊力抜群で、まっち~さんの元夫さんが「原液」だとすると、モラ夫は4倍~5倍希釈くらい?に思える程だった。
もしかすると我が家はモラハラではないのではないか?と一瞬不安になったが、そもそもモラの「原液」はカルピスではなく、薄めても飲めない泥水のようなものなのだ。元夫さんとモラ夫でそっくりな言い回しもたくさんあった。
そして、まっち~さんが元夫さんの言い回しを良く整理して文章化されていることに衝撃を覚えた。

翻ってみて、私はどうだろうか。
レベル3の暴言やレベル4のDVはさすがに日記に残したが、普段のモラハラ発言は、特にモラが始まってから二年半は私が我慢しなくてはとの気持ちが強く、特に記録をしていなかった。
長い間、子供の育児日記をつけていたが、子供との思い出に泥を塗りたくなかったので、モラ夫の暴言は書かないようにしていた。

モラ夫の放った暴言を全部気にしていたら生きていけないから、神様は人間に忘却能力を授けてくださったのだろうが、あんなに嫌がらせを言われたにもかかわらず、その言葉じりは普段は意識の外にあり、モラルハラスメント・ブログを読んで、あ~モラ夫も同じ事言ってたよ、と思い返した事も多かった。

私はモラ夫から離婚して再婚しろと言われているが、いよいよ離婚、調停や裁判となった時に何を証拠に戦うつもりだったんだろう😱。
いざと言う時のためにも、やられた事はしっかり記録しなくては。と決意を新たにした。

言うべきタイミング

会社に、非常に気になる(何というか、見ていられない)方がいる。

彼は、仕事のやり方がなってないと直属の上司のやり玉にされている。
先日も、彼が出張対応で不在の間、会社では、報告が少ない、責任感が足りない等々、課長や同僚が大きな声で話していた。
いつも周りがそんな調子なので、最近は若手社員まで彼を見下すそぶりを見せている。

私が見ている限り、彼は寡黙に淡々と仕事をこなすタイプで、アピールは上手ではないと思うが、決して仕事が出来ない訳ではない。
ただ、何というか、何を言われても黙って受け入れるタイプ、いわゆる「良い人」なのだ。

彼は離婚してお子さんを引き取り、一人で育て上げたと聞いた。どんな理由で離婚されたかは知らないが、すごく苦労されたことと思う。無責任とは無縁な方に私には見える。

仕事とプライベートが別なのは百も承知だが、私が彼の上司なら、部下の生活や人格に思いを馳せるし、あのような接し方はできない。
もし上司が報告が少ないと思うなら、皆の前や陰で揶揄せず、本人だけ呼び出してそっと注意すればよいではないか。

でも、彼が反論しないのを良いことに、周囲の言動はエスカレートしているように見えた。
これって何だかモラに似ている、と思った。
何とかフォローしたいのだが、私の仕事とは直接関わりがないし、別部署の部下で、変に口だし出来ないのが非常に歯がゆい。

…状況は違うのだが、私は過去に上司とぶつかった事が二回ある。
それぞれ過去の異なる職場での出来事で、内容も全然違うのだが、わざわざ同僚を同席させた上で、上司から「叱責」という名の、根も葉もない言いがかりをつけられたのだ。
私は直接関係ない同僚を同席させるなんてフェアじゃないと思ったが、その事には触れずに、でも
自分の進め方は間違っていないと思ったので、相手の目を見て臆せず反論した。

「●さん(上司)がそう感じられたのでしたら私の責任ですから謝ります。でも、そういう意図でそういう進め方をしたのではありません。」

その時、私が上司より注目を浴びた事への、男性上司のやっかみもあったそうだ。最初の職場の時は同僚から「あなたは悪くない」と同情され、次の職場の時は同僚は申し訳なさそうに目を合わせた後うつむいていた…。
関係ない同僚を同席させたのも、上司は一人で女性の私とやり合う自信がなかったからだろう。

ただ、私が上司を否定せずに自分の意見を述べた事で、どちらの職場でも、二度とそのような言いがかりをつけられる事はなかった。
もし私が上司の言動に屈していたら、私も気になる彼のようになっていたかも知れない。
伝えるべき事を伝えるタイミングってあるんだな、と感じた出来事である。

ただ、こんな私でも、家庭ではモラ夫からの暴言を二年半も我慢してしまった。
その結果は、ご想像の通りである…😢

子供からの報告

私が会社から帰宅すると、子供がモラ夫のそばで、私に嬉しそうに報告してきた。
「きょう、パパにバカっていわれなかった。」

おいおい、毎日バカって言ってんのかよ。
こないだバカって注意しないでって言ったのに、全然聞いてねーのかよ!

心の中でおもいっきりモラ夫に毒づきながら、目の前のモラ夫には何も言わず、
注)私は普段は、モラ夫に対しても、こんな話し方ではありませんが、子供に日常的に人格否定している事が許しがたく、心の中で叫びました…

子供に、「そうなの!それは良かったね~!!◯くんがいけない事をしたからと言って、バカって言っちゃいけないんだよ。◯くんも言わないようにしようね。バカって言ったらお友達がいなくなっちゃうからね。それにしても良かったね~!!」と大げさに喜んで見せた。

後から、本当はこんなふうに言えば良かった、と思った。

「そうなの!良かったね~!!
バカって言っちゃいけないんだよ。
どうしてかって言うとね、バカって言うのは、心に乱暴しているのと同じことだからだよ。

◯くん、もしお友達がたたいたりけったりしたら痛いでしょ。
そういうふうに、◯くんの身体に乱暴したらいけないよね。

バカって言われたら、◯くんは悲しくて泣いちゃうし、◯くんの心が痛くなるよね。
そういうのは、心に乱暴していることになるんだよ。
心に乱暴するのは、身体に乱暴するのと同じようにいけない事なんだよ。

だから、◯くんも、いけない事をしているお友達がいたら、「バカ」じゃなくて「そういうことしちゃいけないよ」って優しく言おうね。」

「暴力」「暴言」は、幼稚園児にはまだ刺激が強いかなと思ったので、「乱暴」にしました。

会社の人や知人から女性差別的な発言をされたり、不快な事を言われた時、その時はとっさに大した切り返しもできず、後から「こんなふうに言い返してやれば良かった!!」と悔しい思いをする事がよくある。
そして、「次は絶対こんなふうに言い返すぞ!!」と思うのだが、ほぼ100%、次の機会はないので、本当に悔しい。

でも、モラ夫は同じ事の繰り返し。今回は子供とのやりとりで、モラ夫に直接言われた訳ではないけれど、ほぼ100%、次の機会があるんだろうなと考えると、思わず苦笑いしてしまった。

こうやって、一つ一つ記録しておこうっと。

広告を非表示にする

公園での出来事。

今回、モラ夫との出来事ではないのですが…

昨日、子供と近所の公園のブランコで遊んでいると、パパ、お姉ちゃん(小学校3~4年生位?)、妹(小学校低学年位?)、弟(3歳位?)がやってきました。

パパが弟(Cくんとします)の背中を押し、お姉ちゃん(Aちゃん)と妹(Bちゃん)は一人で漕ぎ始めたのですが…

Bちゃんのブランコはすぐに止まってしまい「パパ、ブランコ押して!」
パパ「Aちゃんに押してもらいなさい」
Bちゃん「Aちゃん、ブランコ押して!」
Aちゃん「(めんどくさそうに)今遊んでるの。自分でこいでよ」
Bちゃん「自分でこいでもすすまないのー。」
パパ「Aちゃん、押してあげて。Bちゃんはできないんだから。」
Aちゃんはしぶしぶブランコを降り、嫌々Bちゃんの背中を押し始めました。
Aちゃん「自分でこいでよ。こうやってこぐんだよ?」Bちゃんにやり方を教えるも、全然やる気のないBちゃん。

その後、パパがBちゃんを押し、AちゃんがCくんについてあげたのですが、Bちゃんを押していた時とは一転、優しく「大丈夫?こわくない?」と声をかけて背中を押していました。

あぁ、Aちゃんも妹のことが好きじゃないんだな…
私も二人姉妹だったので、子供の頃の事が色々とフラッシュバックしてきて、身につまされ見ていると…

しばらく遊具で遊んでいたのですが、Bちゃんの相手をするのが嫌で、早く帰りたいAちゃん。
Aちゃんになかなか相手をしてもらえないBちゃんはしくしく泣きはじめました。

こんな時、周りの大人は、「Bちゃん可哀想~。」とか、Aちゃんに「もっと優しくしなさい」とか言うんだろうな…。

私もその昔、実母からよく言われました。

「お姉ちゃんなんだから。」
「二人しかいない姉妹なんだから仲良くしなさい。」

妹のことが好きではなかった私は、

私が頼んで産んでもらった妹ではないよね?何とんちんかんな事を言ってるの?

今ならもしかしたらこれくらいの反論ができるかも知れないけれど(今も、嫌いな実母の前では反論できないのかも知れません。でも、ガツンと反論してやりたい願望は今も消えません)、当時は、実母に妹と同じように愛してほしいと願いながら、黙って、寂しい思いをただただ我慢していました。
その願いが叶えられる事は一生ないのだ、と最近になってようやく気づかされる出来事がありましたが…。(後日、順を追って書きたいと思います)

「Aちゃん、お姉ちゃん役って本当に大変だよね…
😔」

一言声をかけてあげたかったけれど、パパ、泣いているBちゃんもいて、声をかけられず、Aちゃんの背中に心の中でそっとエールを送りました…

本題とは脱線気味ですみません。
ただ、モラ夫を選んでしまったのは実母の影響もあると気付き、まずは実母の事から順を追って書いていきたいと思います。

広告を非表示にする

義姉が大嫌い!!

夫のモラにも悩まされていますが、義姉(モラ夫の姉)が大嫌いです。

正確に言うと、大大大大大………っ嫌い!!!!!です。(大がこの画面から溢れます)

匿名の毒ブログなので😅、詳しい理由が書きにくいのですが😞💦

結婚前に義実家に挨拶に伺った際、初対面の印象は最悪…(マナーがありえない…)
嫌~~な予感がしたのですが、義姉と結婚するわけじゃないし…と自分をなだめて予定通り結婚。

ですが、嫌な予感は的中。

義父母と義姉一家と我々夫婦でレストランでの食事の際、義姉の娘二人が、他の方が食事している円卓のテーブルクロスに潜ってふざけているのに、義姉も義兄も注意もせず平然と食事していて、娘達の行動に気付きながらも微動だにしなかった時は、こっちが気絶しそうになりました…😱
一体、親が注意せずに誰が彼女達を注意するのでしょうね?まさか、自分達は実家で息抜き中だから代わりに義父母が注意しろとでもいうつもり!?
当時、超超超アウェーの私は注意しようにもできなくて、モラ夫にそっと注意したら?と頼んだのですがスルーされ…😢

義父母も可愛いい??(私にとっては迷惑以外の何者でもない)孫に注意することはなく…。
周りの方々の冷たい視線、今だに忘れられません……😢
しかし、この義姉にしてこのモラ夫。私以外、誰も何も気にならない様子でした😢😢

それ以来、私は長い間、幼児嫌い、というか、幼児連れのママさんアレルギーに悩まされました。
(当時の幼児ママの皆さんゴメンなさい💦私が勝手に避けていただけで、勿論何が起きても静観していましたが、結局、他にそんな非常識な方はいませんでした。また今、私も幼児の母親ですが、やっぱりあれはありえない…。親として最低限やるべき事があるんじゃないの?!って今でも思ってます)

その前もその後も、それはもう、色々あり…

今はもう、会う機会はお正月だけなんですが、それでも来年以降は二度と顔も見たくない…!!

ず~っとず~っとモヤモヤしていたのですが、夫婦問題のカウンセラーの方に
「そんなとんでもない奴のためにあなたの大切な時間を使うなんてもったいないよ!!放っておきなさい。」
なるほど~そういう考え方もあるんだ!と感動しながらも、なかなかモヤモヤを脱せずにいました。

ここに思いのままを書いて、気持ちを落ち着けます。

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

広告を非表示にする

我慢ならない事。

モラ夫に対して我慢ならない事。

それは、DVや、私に対する人格否定の暴言はもちろんなのですが、どうにも我慢できないのが、息子を注意する時に、わざわざ「バカ」という事です。
マナーが守れない時等、もちろん注意は必要なのですが、それは事実を注意すればすむ事で、あえて「バカ」と言う必要はないと思うのです。

園では人に対してバカと言ってはいけないと習っているので(当然ですね)、息子も傷ついている様子で毎回泣いていて、母親としても辛くなります…😢
私がそういう叱り方は止めて事実だけを注意するように言っても、モラ夫は聞く耳持たず。

また、息子は、私が叱ったり友達と喧嘩するとバカと言うようになってしまいました😢
モラ夫のあの性格だけは、絶対に次の世代に遺伝させたくない。悩む毎日です…😢😢

広告を非表示にする