読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年を振り返って

2016年を振り返ると、対外的には以下のような感じだ。

元日、義姉には顔を合わせたのみで済み、実家で平和なお正月。
母子でも、家族三人でも、旅行に出かけた。
子供は運動会や日々の生活で成長した姿を見せてくれ、七五三も無事に終了。

これが、モラハラバージョンだと、以下のようになる。

お正月、義姉のメールでの「既読スルー」に衝撃。
その後も義姉の無視、モラ夫の暴言に悶々。
春、初めて離婚カウンセラーの先生に電話カウンセリング、その後面談を受ける。
初夏にはモラ夫の暴言、暴力があり、実家に避難した私に、実母から追い討ちの暴言を吐かれた。
夏休みの旅行ではモラ夫から醜い暴言を受け、モラ夫と母子は別行動。
知人に相談するもモラハラへの理解はなく、ブログをスタート。
モラ夫は子供へ「バカ」と暴言を吐きまくり、子供の落ち込みが周囲から分かるほどにひどくなる。
七五三は嫌がらせ暴言あるも何とかクリア。
年末にはついに子供がモラ夫に反撃!

勿論楽しい事も沢山あったのだが、本当に色々なモラハラがあったし、我ながら良く頑張ったな、と思う。

この一年の出来たこと出来なかったことを総括しておきたいと思う。

出来たことは以下の三つだ。

①ひとりでも生きていける自分になった
結婚する前、結婚して間もない頃は、私は彼や夫依存症だった。
実母への満たされない思いを、彼や夫に求めた。
その頃、夫からのモラハラにあっていたら、私は壊れていたかも知れない。
でも、4年半のモラハラを受け、この家庭内いじめには絶対に屈するものか、と強い思いを持ち、反論できるようになった。
以前の私なら考えられない事だ。

子供と二人で、モラ夫の事を忘れて旅行を楽しめるようになったのも大きな進歩だ。
以前もモラ夫から避難するため母子で旅行したが、モラ夫から受けた仕打ちや、帰ったら何があるかといった事が常に頭から離れなかった。
今でも、周りの仲良し家族を見て少し悲しくなることもあるが、モラ夫の言動に気を使って過ごすより、母子で旅行したり遊ぶ方が気楽だと割りきれるようになった。

②ブログを始めた
ブログやSNSをされる方を見て、すごいなとは思ったが、これまで自分には発信することなんかないと思っていた。
そして、誰でもいいから私の思いをそのまま受け止めて欲しい、どこかに止まり木が欲しいと思っていた。
知人に相談した事もあるが、モラハラに理解がなく、願いはかなわなかった。

そうだ、こんなに自分の事を黙って受け入れて欲しいなら、その思いをぶつけてみよう、と、なんとなくブログを始めた。
匿名の、いまだにコメントを受ける勇気もない毒ブログだが、それでも自分の気持ちが整理され、自分の気持ちに向き合い、少しずつ自分がどうしたいのか考えるようになった。

③しがらみから離れられた
私は他人から良く思われたい人間だ。
大大大嫌いな義姉とどう向き合ったら良いのか、愛されたい実母にどうやったら自分だけを見てもらえるのか、悶々と悩んでいた。
もしも私が義姉や実母を無視したりしたら、周りが義姉との付き合い、実母との関係をどう思うだろうか、と気になった。
でも、どんなに私が努力しても、相手や関係を変える事はできないとようやく悟った。

それなら相手にするのはやめよう。
ただでさえ仕事と育児家事で自分の時間も満足にとれない状況なんだから、どうにもならない事に時間を使うのはやめよう。
一番大切な子供が望むのは、私がいつも笑顔でいることだ。
気を遣って疲れる位なら、会わなきゃいいじゃないか。
私が悪人だっていいじゃないか。

自分の思いを優先していいんだ、私は私なんだ、と思えた事は、この一年の最大の進歩だと思っている。

一方、出来なかったことは、今後の方向性を決めることだ。

自分の気持ちはかなり整理できたのだが、モラ夫との関係を自分自身は本当はどうしていきたいのかが、まだ分からないでいる。
離婚した方がよいなら今の方向性で良いが、それで本当に良いという確信がないのだ。

迷ってしまう最大の理由は子供だ。
子供への悪影響もあり離婚すべきだとの思いと、そうは言っても子供から父親を奪って良いのかという思いが常に戦っている。

また万が一離婚回避するとなったら、そのための方法も分からない。下手に出ても良い事はないとわかっている。

今は、モラ夫の「学童が終わったら離婚だ!」が現実になった時に向けて、小さく慎ましく暮らそう。
今こうだ、と決めるのではなく、ゆっくりすすめたい、と思っている。

広告を非表示にする